Top
アロマテラピー検定1級合格っ。さぁ、3月にインストラクター試験だぁ。

■MEMO■
1月21日
ハーブ検定
3月25日
AEAJ インストラクター認定試験
(2月23日締切り)


アロマテラピストになりたい♪             只今勉強中。                  目指せッ 【癒しの女王様】
By うさよん


Copyright(C)2005 Usayon
All rights reserved

忍者ツールズ
カテゴリ
Aromatherapy
■エッセンシャルオイル
■資格
■基礎知識
■基礎知識 [ケア]
■実践アロマ
Flower Essence
■レメディ
Homeopathy
■レメディ
タグ
ライフログ
最新のトラックバック
キャッシング
from ローン
月経前症候群とは
from 症候群情報サイト 症候群を理..
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
skin by うさよん

Welcome to my blogsite

大好きなアロマテラピーを趣味でするか、プロを目指すか。
とりあえず好きなことを一生懸命やっています。
みんなが癒されて、幸せを感じられますように・・・
since : 12 Nov, 2006

カテゴリ:■基礎知識 [ケア]( 19 )
By うさよん
[まとめ] ホームケア利用法
寝つきを良くしたいとき。
一番手軽な方法は、精油を1滴ティッシュやハンカチにおとし、枕元におく。香り濃度が高いと刺激が強く逆効果なので、精油は1~2滴にする。
夜中に目覚めて寝付けないときは、手浴法も効果的。手を温めると、首、肩の緊張が緩まりリラックスさせてくれる。
精油はラベンダーが最適。
風邪を引いてて、寝付けないときはユーカリ精油を使うとよい。

活用法:芳香浴法、沐浴法(全身・手)、トリートメント法

精油:ラベンダー、ローズオットー、ネロリ
その他、スイートマージョラム、ベルガモット、ユーカリ、ゼラニウム、イランイラン


元気を出したいとき
何となく元気がない、やる気が出ないときはベルガモットやレモンなどの柑橘系の精油や、ペパーミント精油がよい。
マグカップなどの容器に精油を落として、蒸気で香りを広げたり、アロマライトなどの専門器具で芳香浴法をたのしむことも効果的です。
手浴法は首・肩の緊張を緩やかにし、勉強やデスクワークのリフレッシュには最適。冷房の効きすぎによる冷え、全身のだるさには足浴法、全身浴法で汗を出すことがよい。
目覚めたい時は、元気を出したい時の全身浴法はいつもより熱めのお湯で短時間で切り上げるのが効果的。

活用法:芳香浴法、沐浴法(全身、手、足)

精油:ベルガモット、レモン、ペパーミント、ローズマリー


気持ちを落ち着けたいとき
静かな気持ちになりたいとき、優しい気持ちになりたいとき、ネロリ精油やローズ精油の香りが心に響きます。スイートマージョラム、ティートリー、ベルガモットなどの柑橘系精油のブレンドも良い。サンダルウッドなの木の香りとラベンダー精油のブレンドも効果的。
芳香浴法、トリートメントオイルとして手首に少量塗ってもOK.おなか、手足、頭への軽いトリートメント法を行うのも良いでしょう。
気持ちが高ぶり、感情が抑えきれない時にはおなかに温湿布してみてください。温かい湿布がおなかの緊張を緩め、安心感を与えてくれるでしょう。

活用法:芳香浴法、トリートメント法、沐浴法(手浴法)、温湿布法

精油:ネロリ、ローズオットー、スイートマージョラム、ティートリー、ベルガモット、レモン、サンダルウッド、ラベンダー、ゼラニウム、カモミール・。ローマン


集中力を高めたいとき
勉強や仕事などを効率良く進めたい時は、製油を使用してみるのもいいでしょう。
ローズマリー、ペパーミントやベルガモットには爽快感があり、意識を目覚めさせます。レモン、ティートリーなども好みに応じて試してください。
これらの精油をティッシュペーパーやガーゼに1~2滴落としたり、芳香浴法専用の器具を使ってもいいでしょう。トリートメントオイルと使って、こめかみに少量塗ってもOK.長時間机に向かった時には、手や腕のストレッチや手浴法も効果あり。

活用法:芳香浴法、トリートメント法、沐浴法(手浴法)など

精油:ローズマリー、パパーミント、ベルガモット、レモン、ティートリー、ユーカリなど


頭痛
ストレスや疲労を原因とする頭痛は全身のさまざまな状態を反映します。頭痛が始まったら、まずはゆっくりと休むこと。ベッドサイドでラベンダーやペパーミント、ベルガモット精油などを芳香浴法で気持ちよく感じる濃度で行うと、よい睡眠を促します。肩や首の緊張からくる場合には温湿布法で固くなった筋肉を緩めるのがよい。手浴法にも同様の効果があります。冷えや風邪を原因とする場合は少し汗を出すと楽になります。全身の保温に気を使いながら、足浴法を行います。ラベンダーやペパーミントのトリートメントオイルをこめかみや首に少量塗る場合、肩へ軽いトリートメント法を行うと効果があります。

活用法:芳香浴法、温湿布法、トリートメント法、沐浴法(手・足)

精油:ラベンダー、ペパーミント、ベルガモット、ユーカリ、ティートリー



肩こり
温湿布法を試してみる。温かい湿布が固く緊張した筋肉を緩め、血管の循環を促し、疲労回復を助けます。精油はラベンダー、ユーカリ、スイートマージョラム、ローズマリーなど、疲労回復やリフレッシュ効果のあるものを選ぶ。
眼精疲労が原因の肩こりには目の周囲や側頭部、後頭部を押して刺激するのも効果的です。手浴法も効果的です。

活用法:温湿布法、沐浴法(手)、トリートメント法、芳香浴法など

精油:ラベンダー、ユーカリ、スイートマージョラム、ローズマリー、ベルガモット、レモン、ジュニパー、レモングラス、ローズオットー、ネロリなど


腰痛
腰痛には急性腰痛と慢性腰痛があります。ここでは慢性腰痛を取り上げます。疲労や姿勢を原因とする腰痛の場合、固く緊張した筋肉や関節を緩めることが痛みの軽減に役に立ちます。辛い部分に温湿布法を行ったり、腰にトリートメント法を行ってみてください。このトリートメントに適した精油はラベンダー、ユーカリ、ジュニパー、ローズマリー、ペパーミント等です。トリートメント法は腰だけじゃなく、下半身全体に行うとより効果的です。

活用法:温湿布法、トリートメント法、沐浴法(全身)

精油:ラベンダー、ユーカリ、ローズマリー、レモングラス、ジュニパー、ペパーミント


目の疲れ
目の疲労は首や肩のこり感、イライラや不眠の原因となります。手軽なケアとしては温湿布法が効果的です。精油はラベンダーがよい。また、ベルガモットやユーカリなどリフレッシュ効果のある精油で手浴法をし、温めてもよい。慢性的に目の疲労のある人はよい睡眠をとることが大事です。
入浴後、軽くストレッチをし、枕元にラベンダーをティッシュなどに落とし置くと、睡眠の質もよくなります。

活用法:芳香浴法、温湿布法、沐浴法(手)

精油:ラベンダー、ベルガモット、ユーカリ、レモンなど


冷え性
血液の循環が悪い為に起こる冷え性は、ストレスからくる自律神経のアンバランスと関係がある。まずは生活リズムを整えること。
冷え性には沐浴法が効果的。全身・足浴法で温まったあとに冷たいシャワーでの引き締めをし、血液循環を良くしよう。
ローズマリー、ジェニパー、ラベンダー精油などのトリートメントも効果的。冷え性が月経リズムに関連してる人は生殖器関連領域(下腹部や骨盤部)と腰部をトリートメントすればよいでしょう。

活用法:沐浴法(全身・足)、トリートメント法

精油:ラベンダー、ジュニパー、ゼラニウム、ローズマリー

便秘
便秘になったら、腹部のトリートメント法を行います。おへその周辺、肋骨の下、みぞおちなどおなかの内部まで動かすようにトリートメントします。おへその上に温湿布法をするのも効果的。

活用法:温湿布法、トリートメント法

精油:ローズオットー、カモミール・ローマン、スイートマージョラム、ペパーミント、レモングラス、ローズマリー、ユーカリなど

下痢
風邪や冷房などでの身体の冷えが原因の下痢は足浴法で、汗を出したり、腹部を温めることで症状を和らげることが可能。ジェニパーとラベンダーのブレンドがよい。腹部の温湿布法はストレスを原因とする下痢にも効果的です。月経前症候群として、便秘や下痢がある場合は下腹部と腰部のトリートメントを加えましょう。

活用法:温湿布法、沐浴法(足)

精油:カモミール・ローマン、ラベンダー、ジェニパーなど

風邪気味のとき
汗を出した方が楽だというのなら、ジュニパーを使い足浴法をするのがいい。筋肉の強ばりを感じる時はユーカリ精油の入ったトリートメントオイルや、ミツロウクリームを背中や胸によく擦り込みます。ユーカリの芳香浴法だけでも楽になります。のどの痛みにはユーカリ、ティートリー、サンダルウッド精油などの蒸気吸入法が効果的。鼻づまりにはペパーミントを用いて蒸気吸入法をします。

活用法:沐浴法(足)、トリートメント法、吸入法(蒸気吸入法など)

精油:ジュニパー、ラベンダー、ユーカリ、ティートリー、サンダルウッド、ペパーミント


せき
ユーカリ精油の入ったトリートメントオイルやミツロウクリームを胸に軽く擦り込むと、胸部の筋肉を和らげるとともに、精油成分が体温で蒸散して穏やかな吸入効果も期待できます。背部にトリートメント法を行ってもよい。せきの時は肩や背中の筋肉が緊張していくので、その部分をトリートメントして緩めると体も楽になります。
なお、蒸気吸入法はせきを誘発するのでさけること。


活用法:トリートメント法

精油:ユーカリ、ラベンダーなど


のどの痛み
風邪を原因とするのどの痛み、不快感にはティートリー、ユーカリ、ラベンダーなどの蒸気吸入法がよい。蒸気とともに精油の香りがのどの不快感を和らげてくれます。
サンダルウッドとユーカリを使用したトリートメントオイルをのど周辺に軽く擦り込む方法もある。足浴法ものどの不快感には効果的な方法。ジュニパーなどの発汗作用のあるオイルを中心にブレンドし、足を暖めて尿の排泄を促します。

活用法:吸入法(蒸気吸入法)、トリートメント法、沐浴法(足)

精油:ティートリー、ユーカリ、ラベンダー、サンダルウッド、ジュニパーなど

鼻づまり
ユーカリやペパーミント精油の吸入法を行います。ティッシュに含ませた精油を吸入してもいいし、ぬるま湯で蒸気吸入法として行っても効果的。これら2つの精油はとても刺激が強いので、ぬるま湯で行う。後頭部、首の後ろ、鼻そのものに温湿布法を行うのも効果的です。
鼻づまりが原因で頭重感があるときは後頭部に温湿布を行います。精油はラベンダーを使います。また首の後ろ、鎖骨周辺部を軽く押して刺激を与えることもよい。

活用法:吸入法、温湿布法

精油:ユーカリ、ペパーミント、ラベンダー


花粉症
ペパーミント、ユーカリ精油の吸入法が効果的。
これにラベンダーやレモン精油をブレンドしたものを持ち歩き必要な時に吸入してもよいですね。ペパーミント精油をブレンドしたときは刺激が強くなるのでぬるま湯を使って蒸気吸入法を行います。
頭痛や頭重感を伴うときはラベンダー精油での後頭部、眼部、首の後ろ、鼻部への温湿布法も効果的です。

活用法:吸入法、温湿布法、沐浴法(手)

精油:ペパーミント。ユーカリ、ラベンダー、レモン


筋肉痛
スポーツや仕事による筋肉痛にはウォーミングアップとクールダウンが必要です。強ばってしまった筋肉にはローズマリー、ペパーミント、ユーカリ、レモングラス、ジュニパー、スイートマージョラム、ラベンダー精油などを利用してトリートメント法を行います。トリートメント法は体液循環の改善を目的に軽い刺激で行うようにしてください。慢性的に硬くなった筋肉にはラベンダー精油を中心に鎮静作用のある精油を選び、温湿布法を行うのがよい。

活用法:トリートメント法、沐浴法(全身)、温湿布法

精油:ローズマリー、ペパーミント、ユーカリ、レモングラス、ジュニパー、スイートマージョラム、ラベンダー、ゼラニウムなど


月経に関する問題
月経痛や月経前症候群があったり、月経リズムがアンバランスな場合にはラベンダー、クラリセージ、ジュニパー、ゼラニウム、ローズオットーなどがよい。トリートメントオイルとつくり、下腹部(恥骨上)、下背部(仙骨部)にぬり、丁寧に擦り込みます。さらにその上から温湿布法をしてもOK。
月経の問題はストレスや生活リズムも影響するので普段から芳香浴法や沐浴法で気分転換を図ることや、全身トリートメント法で身体の強ばりを緩めましょう。

活用法:芳香浴法、トリートメント法、沐浴法(全身・足)

精油:ラベンダー、クラリセージ、ジュニパー、ゼラニウム、ローズオットー、イランイランなど
[PR]
By うさよん by usayon_aroma | 2006-11-01 00:00 | ■基礎知識 [ケア]
寝つきを良くしたいとき。

一番手軽な方法は、精油を1滴ティッシュやハンカチにおとし、枕元におく。香り濃度が高いと刺激が強く逆効果なので、精油は1~2滴にする。
夜中に目覚めて寝付けないときは、手浴法も効果的。手を温めると、首、肩の緊張が緩まりリラックスさせてくれる。
精油はラベンダーが最適。
風邪を引いてて、寝付けないときはユーカリ精油を使うとよい。


活用法:芳香浴法、沐浴法(全身・手)、トリートメント法

精油:ラベンダー、ローズオットー、ネロリ
その他、スイートマージョラム、ベルガモット、ユーカリ、ゼラニウム、イランイラン
[PR]
By うさよん by usayon_aroma | 2006-11-01 00:00 | ■基礎知識 [ケア]
元気を出したいとき

何となく元気がない、やる気が出ないときはベルガモットやレモンなどの柑橘系の精油や、ペパーミント精油がよい。
マグカップなどの容器に精油を落として、蒸気で香りを広げたり、アロマライトなどの専門器具で芳香浴法をたのしむことも効果的です。
手浴法は首・肩の緊張を緩やかにし、勉強やデスクワークのリフレッシュには最適。冷房の効きすぎによる冷え、全身のだるさには足浴法、全身浴法で汗を出すことがよい。
目覚めたい時は、元気を出したい時の全身浴法はいつもより熱めのお湯で短時間で切り上げるのが効果的。


活用法:芳香浴法、沐浴法(全身、手、足)

精油:ベルガモット、レモン、ペパーミント、ローズマリー
[PR]
By うさよん by usayon_aroma | 2006-11-01 00:00 | ■基礎知識 [ケア]
気持ちを落ち着けたいとき
静かな気持ちになりたいとき、優しい気持ちになりたいとき、ネロリ精油やローズ精油の香りが心に響きます。スイートマージョラム、ティートリー、ベルガモットなどの柑橘系精油のブレンドも良い。サンダルウッドなの木の香りとラベンダー精油のブレンドも効果的。
芳香浴法、トリートメントオイルとして手首に少量塗ってもOK.おなか、手足、頭への軽いトリートメント法を行うのも良いでしょう。
気持ちが高ぶり、感情が抑えきれない時にはおなかに温湿布してみてください。温かい湿布がおなかの緊張を緩め、安心感を与えてくれるでしょう。

活用法:芳香浴法、トリートメント法、沐浴法(手浴法)、温湿布法

精油:ネロリ、ローズオットー、スイートマージョラム、ティートリー、ベルガモット、レモン、サンダルウッド、ラベンダー、ゼラニウム、カモミール・。ローマン
[PR]
By うさよん by usayon_aroma | 2006-11-01 00:00 | ■基礎知識 [ケア]
集中力を高めたいとき

勉強や仕事などを効率良く進めたい時は、製油を使用してみるのもいいでしょう。
ローズマリー、ペパーミントやベルガモットには爽快感があり、意識を目覚めさせます。レモン、ティートリーなども好みに応じて試してください。
これらの精油をティッシュペーパーやガーゼに1~2滴落としたり、芳香浴法専用の器具を使ってもいいでしょう。トリートメントオイルと使って、こめかみに少量塗ってもOK.長時間机に向かった時には、手や腕のストレッチや手浴法も効果あり。


活用法:芳香浴法、トリートメント法、沐浴法(手浴法)など

精油:ローズマリー、パパーミント、ベルガモット、レモン、ティートリー、ユーカリなど
[PR]
By うさよん by usayon_aroma | 2006-11-01 00:00 | ■基礎知識 [ケア]
頭痛

ストレスや疲労を原因とする頭痛は全身のさまざまな状態を反映します。頭痛が始まったら、まずはゆっくりと休むこと。ベッドサイドでラベンダーやペパーミント、ベルガモット精油などを芳香浴法で気持ちよく感じる濃度で行うと、よい睡眠を促します。肩や首の緊張からくる場合には温湿布法で固くなった筋肉を緩めるのがよい。手浴法にも同様の効果があります。冷えや風邪を原因とする場合は少し汗を出すと楽になります。全身の保温に気を使いながら、足浴法を行います。ラベンダーやペパーミントのトリートメントオイルをこめかみや首に少量塗る場合、肩へ軽いトリートメント法を行うと効果があります。


活用法:芳香浴法、温湿布法、トリートメント法、沐浴法(手・足)

精油:ラベンダー、ペパーミント、ベルガモット、ユーカリ、ティートリー
[PR]
By うさよん by usayon_aroma | 2006-11-01 00:00 | ■基礎知識 [ケア]
肩こり

温湿布法を試してみる。温かい湿布が固く緊張した筋肉を緩め、血管の循環を促し、疲労回復を助けます。精油はラベンダー、ユーカリ、スイートマージョラム、ローズマリーなど、疲労回復やリフレッシュ効果のあるものを選ぶ。
眼精疲労が原因の肩こりには目の周囲や側頭部、後頭部を押して刺激するのも効果的です。手浴法も効果的です。

活用法:温湿布法、沐浴法(手)、トリートメント法、芳香浴法など

精油:ラベンダー、ユーカリ、スイートマージョラム、ローズマリー、ベルガモット、レモン、ジュニパー、レモングラス、ローズオットー、ネロリなど
[PR]
By うさよん by usayon_aroma | 2006-11-01 00:00 | ■基礎知識 [ケア]
腰痛

腰痛には急性腰痛と慢性腰痛があります。ここでは慢性腰痛を取り上げます。疲労や姿勢を原因とする腰痛の場合、固く緊張した筋肉や関節を緩めることが痛みの軽減に役に立ちます。辛い部分に温湿布法を行ったり、腰にトリートメント法を行ってみてください。このトリートメントに適した精油はラベンダー、ユーカリ、ジュニパー、ローズマリー、ペパーミント等です。トリートメント法は腰だけじゃなく、下半身全体に行うとより効果的です。


活用法:温湿布法、トリートメント法、沐浴法(全身)

精油:ラベンダー、ユーカリ、ローズマリー、レモングラス、ジュニパー、ペパーミント
[PR]
By うさよん by usayon_aroma | 2006-11-01 00:00 | ■基礎知識 [ケア]
目の疲れ

目の疲労は首や肩のこり感、イライラや不眠の原因となります。手軽なケアとしては温湿布法が効果的です。精油はラベンダーがよい。また、ベルガモットやユーカリなどリフレッシュ効果のある精油で手浴法をし、温めてもよい。慢性的に目の疲労のある人はよい睡眠をとることが大事です。
入浴後、軽くストレッチをし、枕元にラベンダーをティッシュなどに落とし置くと、睡眠の質もよくなります。


活用法:芳香浴法、温湿布法、沐浴法(手)

精油:ラベンダー、ベルガモット、ユーカリ、レモンなど
[PR]
By うさよん by usayon_aroma | 2006-11-01 00:00 | ■基礎知識 [ケア]
冷え性

血液の循環が悪い為に起こる冷え性は、ストレスからくる自律神経のアンバランスと関係がある。まずは生活リズムを整えること。
冷え性には沐浴法が効果的。全身・足浴法で温まったあとに冷たいシャワーでの引き締めをし、血液循環を良くしよう。
ローズマリー、ジェニパー、ラベンダー精油などのトリートメントも効果的。冷え性が月経リズムに関連してる人は生殖器関連領域(下腹部や骨盤部)と腰部をトリートメントすればよいでしょう。

活用法:沐浴法(全身・足)、トリートメント法

精油:ラベンダー、ジュニパー、ゼラニウム、ローズマリー
[PR]
By うさよん by usayon_aroma | 2006-11-01 00:00 | ■基礎知識 [ケア]


アロマセラピーリングの紹介 リスト表示 ひとつ前のHP ランダム表示 ひとつ先のHPへ AromatherapyRing